入会案内

醫聖道合祀のご案内

医師をはじめ医療従事者に向ける国民の期待は増大の一途を示しております。医師の人間像は病める人々にとって正に神仏に等しく、すがる心の対象となることを思う時、醫道は宗教と同じく、正しく護り伝えなければならない一筋の尊い道であります。
本会は医の倫理高揚を推進し、わが国の医学・医療の発展に尽くされた先人諸霊の功業を顕彰して、正しく後世に遺し伝えると同時に、慰霊の誠を捧げ、医界の健全なる発展に貢献することを目的として、昭和59年に発足致しました。また本会はさきに、京都東山の今熊野観音寺の醫聖堂に、わが国建国以来明治に至るまでの医道に貢献された122霊の医家先哲の尊霊を祭祀させて戴き、その功業を顕彰して参りました。
さらに私共の身近にあって医療や医学に精進して社会に貢献された方々に、感謝し慰霊申し上げるために、醫聖堂の医家先哲のおそばに合祀させて戴いております。毎年10月初旬には醫聖堂例大祭を執り行い、それに併せて合祀法要も執り行っております。合祀された方々のご尊名は石碑に刻まれ、医家先哲の石碑のそばに建立されております。皆様のお身近で医療関係に貢献され、すでに物故者となられた方がおられましたら、「醫聖堂合祀に関する規定」をご覧の上、醫聖堂合祀をお申し込みくださいますよう、ご案内申し上げます。

醫聖堂合祀に関する規定

合祀の対象者

  1. 医師・歯科医師・薬剤師・看護師・関係者で故人となられた方
  2. 醫道顕彰会会員であり医の道に貢献された方やそのご家族で故人となられた方

合祀申し込み手続き

  1. 合祀申請者の資格は、醫道顕彰会会員と致します。未入会の方は必ずご入会下さい。
  2. 申請書に所定の事項を記入し、合祀対象者のご経歴を簡潔にお書き添えいただき、ファクシミリ又は郵送して下さい。

合祀は本会常務理事会で審査の上決定し、今熊野観音寺に合祀を依頼し、申請者にご通知致します。

合祀法要は毎年10月初旬に行い、醫聖堂例大祭に併せて行います。

申し込み書類はなるべく7月末までにお送り下さい。7月末を越えますと今年度、合祀できない可能性がございます。

費用に関しまして

年会費 個人会員1万円/法人会員3万円
合祀費 一霊につき20万円


※合祀にはご入会手続きが必要となります。

合祀案内申請書
入会案内ページはこちら

ご不明な点がございましたらお電話下さい。

〒610-0101 京都府城陽市平川浜道裏47番1 医療法人啓信会本部事務局内
醫道顕彰会事務局 電話 0774(56)8136 FAX 0774(56)8132